プロフィール

うどんねこ

Author:うどんねこ
2008年春。 かねてから憧れていた讃岐うどんツアーをついに決行しました。楽しいだろうとは思っていたけど、まさかこれほどとは思ってなかった。ほんとにめちゃくちゃ楽しかったです。

最近はツアーに行ける回数も少なくなりましたが、うどん店に限らず、オススメスポットやプチグルメ情報など、第二の故郷とも思える香川の思い出を少しずつ足していきます。

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ご訪問ありがとう♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新幹線がゆく

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ

ねこ大好き讃岐うどん
香川・讃岐うどんにはまったねこの、行ったお店レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心得(1) 1日5玉楽勝

koko6

例えば、1泊2日で讃岐うどんツアー、って、いったいどれだけ食べられる?って心配になるけれど。

これが、、、、食べれる食べれる(笑)

とりあえず、9時に朝ごはんで1杯、1時間間隔であと2件まわると、お昼の時点でもう3杯。ここらへんでいったん休憩して観光やコーヒーで気分転換したら、一番すいてて狙い目の15時ころにもう1件、またブラブラと海辺を歩いたりして遊んだら、17時までにもう1件。

何がすごいって。飽きないのよ、讃岐うどん。こんな日程を2日連続でも全然平気です♪
ただし。うどんのサイズは各店「小」でね!(男性なら「小」8玉くらいも軽いと思うけど~)


スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

心得(2) オプションの誘惑

option讃岐うどん屋さんには、うどんだけでなく、天ぷら、おでん、ちらし寿司などのオプションが充実しています。

ついつい手が出る魅惑のオプション・・・
でも食べ過ぎると1日に何件も行けなくなります(T_T)・・・

でもでも。おいしいんだ、コレが!!!
というわけで、ペース配分に注意しつつ、はずせないオプションもしっかりゲットしながら進みましょう♪

ちなみに。うどんの味を純粋に楽しみたいなら、天ぷらは別皿にとって、まずはかけでシンプルに味見、後半は天ぷらをのせてまた別の味を楽しむ、という方法がオススメです。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

心得(3) お店の形態

keitai讃岐うどん屋さんには、「店舗形態」なるものがあります。
正しく理解して、郷に入っては郷に従ってうどんを楽しみましょう♪

■一般店

普通のうどん屋さん。席に着いたらお店の人が注文を取りに来てくれて、席までうどんを運んでくれる。
といっても、注文は先にカウンターで、とか、オプションはセルフで、とか、自分で働け!ってルールも店によっていろいろなのでごご注意を。
価格は讃岐うどんにしてはやや高め。その分メニューが多いし客席がちゃんとしてる(^^)

■セルフ

カウンターで注文して、自分でオプションを選んで、お支払いして席につく。
この流れは店によっていろいろですが、とにかく自分のことは自分でやれ、というのが原則。

うどん玉を仕入れているお店もあれば、自分とこで製麺からやってるセルフもあり、かなり個性の幅が広い形態。価格も店によってマチマチですが、もちろん一般店よりはかなりリーズナブル。

■製麺所

もともとは麺の製造が本業だったのが、ついでに近所の人にも食べさせてあげるようになった、という進化をしたお店です。もともとサービス業ではないわけで、客席もシステムも、かなりディープ。これが讃岐うどん巡りの最大の楽しみでもあります。

冷たい麺だけもらって、自分でお湯であっためて、自分でだしをかけて、というのも当たり前。
食べるまでの流れはセルフとほぼ同じですが、「自分でやれ度」がいっそう高くなります(笑)

価格は、、、アゴがはずれます(笑)
これも店によりますが、1玉100円から・・・。そんなんアリ?(笑)


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

心得(4) うどんメニュー

menuサイズは1玉、2玉・・・とか、小、大・・・とか。お腹にあわせて。
そしてあったかいのや冷たいの、いろんな食べ方があるんだけれど、主なものだけご紹介。

■かけ

うどんにだしをかけて、ネギ、しょうが、天カスなどのトッピングをして食べます。
麺もだしもあったかいの、冷たいのが選べるので、お好みで。
はじめての店なら、まずはかけがオススメ。

■しょうゆ

うどんに好きなトッピングをして、しょうゆをかけて、食べる。
かけとしょうゆなら、製麺所タイプのお店でもたいてい食べられます。

■ぶっかけ

ぶっかけ用のだしはかけ用のだしとちょっと違います。
店によってこのだしはかなり個性が違うので、好みにあうぶっかけ探しは醍醐味です。

■釜あげ

生麺から茹でて、茹でたてのうどんをいきなり食べます。
釜あげなら、つけだしにつけながら、釜玉なら、溶いたタマゴとからめてしょうゆをかけて。
基本的に、うどんは茹でて水で締めた麺をあたため直して食べるので、こういう釜あげ系メニューはどこででも食べられる、ってものではありません。


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

心得(5) タイミング

timing「うどんメニュー」でもふれたとおり、うどんはいったん生麺を茹でて、水で締めて「うどん玉」となります。
このうどん玉が出来たタイミングと、麺のおいしさには密接な関係が。

水で締めたての麺は、ピチピチしてコシもあって、冷たくても温めなおしても、うまい。
でもご想像のとおり、水で締めてから時間がたったうどん玉は、どんどんオーラを失っていくもので、これをもってそのうどん屋さんの真の麺力ははかれません。

そんなわけで、今から食べる麺が締めたてかどうか、見抜く力を身につけましょう(笑)

ちなみに、釜あげ系メニューは、間違いなくその場で生麺を茹でるわけですから、安心です。(でも水で締めてこそのコシを味わう醍醐味がない(^_^;))


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

心得(6) ネギ

umainegi香川のネギは、うまい!!
あたしはネギが苦手なんですが。讃岐うどんで何よりびっくりしたのがネギのおいしさでした!

といっても、これも店によって、なんですけどね~。
今までの経験では、製麺所や、セルフでも麺から作ってる店なんかが、特にネギもおいしいような気がします。

たいてい、大きな入れ物に入って勝手に入れてけー!って状態になってますが、そのときのネギのピチピチ感に注目してみてください♪


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

心得(7) 空腹は最大のスパイス

gyouretsu週末や連休の有名人気店とくれば、行列必至。
丸亀の「なかむら」では、朝イチの空腹に耐えて2時間並びました。
そしてやっとありついたうどんのおいしかったこと・・・(T_T)

そんなん・・・おいしいに決まってるやん!!
あまりにもハンデが大きいので、なかむらに正当な評価を下すことができません(笑)

というわけで、どのお店のうどんがおいしかったか正しく判断したければ、行列店には行列しないでいい平日に行ってみるとか、満腹で午後に行ったお店には、空腹朝1番でもう1回行ってみる、とか。

・・・もう香川に住むしかないですね(笑)


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。