プロフィール

うどんねこ

Author:うどんねこ
2008年春。 かねてから憧れていた讃岐うどんツアーをついに決行しました。楽しいだろうとは思っていたけど、まさかこれほどとは思ってなかった。ほんとにめちゃくちゃ楽しかったです。

最近はツアーに行ける回数も少なくなりましたが、うどん店に限らず、オススメスポットやプチグルメ情報など、第二の故郷とも思える香川の思い出を少しずつ足していきます。

カテゴリー

最近の記事

RSSフィード

ご訪問ありがとう♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新幹線がゆく

映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ

ねこ大好き讃岐うどん
香川・讃岐うどんにはまったねこの、行ったお店レポート
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心得(3) お店の形態

keitai讃岐うどん屋さんには、「店舗形態」なるものがあります。
正しく理解して、郷に入っては郷に従ってうどんを楽しみましょう♪

■一般店

普通のうどん屋さん。席に着いたらお店の人が注文を取りに来てくれて、席までうどんを運んでくれる。
といっても、注文は先にカウンターで、とか、オプションはセルフで、とか、自分で働け!ってルールも店によっていろいろなのでごご注意を。
価格は讃岐うどんにしてはやや高め。その分メニューが多いし客席がちゃんとしてる(^^)

■セルフ

カウンターで注文して、自分でオプションを選んで、お支払いして席につく。
この流れは店によっていろいろですが、とにかく自分のことは自分でやれ、というのが原則。

うどん玉を仕入れているお店もあれば、自分とこで製麺からやってるセルフもあり、かなり個性の幅が広い形態。価格も店によってマチマチですが、もちろん一般店よりはかなりリーズナブル。

■製麺所

もともとは麺の製造が本業だったのが、ついでに近所の人にも食べさせてあげるようになった、という進化をしたお店です。もともとサービス業ではないわけで、客席もシステムも、かなりディープ。これが讃岐うどん巡りの最大の楽しみでもあります。

冷たい麺だけもらって、自分でお湯であっためて、自分でだしをかけて、というのも当たり前。
食べるまでの流れはセルフとほぼ同じですが、「自分でやれ度」がいっそう高くなります(笑)

価格は、、、アゴがはずれます(笑)
これも店によりますが、1玉100円から・・・。そんなんアリ?(笑)


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://udoneko.blog43.fc2.com/tb.php/4-7cb73872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。